人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日中の窓から入る日射は0円でメンテ不要   

ここ数日寒い日が続きますね。

我が家は2階リビングなので、日中窓から入ってくる日差しでポカポカになります。それが夕方になっても変わりません。

さすがにここ数日は夕飯を食べ終わる頃(20時頃)にはちょっと寒いなと感じるのでようやくエアコンをつけます。当時UA値など計算しなかったので数値がわからないのですが、最近設計している家よりも値は低いはず。心地よい温熱環境を作り出すには数値だけではない、色々な要素が関係してきます。


 窓は方位によって、ガラスの種類を変えた方がよいですし、地域によってトリプルガラスの良し悪しがあるのです。東京だったらトリプルでなくてもよいというのが私の考え。南面にトリプルでLow-Eのフィルムの種類を間違えたりすると、せっかくの日射取得が得られないこともあるのです。暗くもなりますし。。。南面はクリアのLow-Eガラスにして、景色と日射を取り込むべき。夏の日差しは庇でカットすればよいですから。すだれなどもよいですね。


 換気方法を変えるのも大きく変わります。それから蓄熱。現在作業しているアトリエは1階の土間なのですが、床暖が入っているので一度温まれば消しても一日中暖かいです。今も昨日の蓄熱が残っていて、まだ(午前10時)床暖つけていません。いろんな工夫をしていますが、最近の燃料費値上がりで、我が家の電気+ガス代が2万円の大台に達してしまいました。それでも両方合わせてですからね。2階の温水ガスヒーター、浴室の床暖、ガス式浴室乾燥機を使用してもこの金額は抑えられている方ではないでしょうか。断熱も重要ですが、蓄熱、日射取得もうまく取り入れることをお薦めします。

日中の窓から入る日射は0円でメンテ不要_c0201749_09430223.jpg

数字が見ずらいですが夕方6時半の室温
#スイッチボット
#蓄熱
#断熱
#日射取得
#床暖
#温熱
#住宅設計
#注文住宅





by A_R_C_O | 2023-01-27 10:07 | 建築 | Trackback | Comments(0)

<< 土門拳記念館 お正月はおいしいものをたらふく。。。 >>