<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

仲間との集まり   

昨日は、美術学校時代の懐かしい仲間達と集まりました。
皆の仕事が休みで、集まれる日というと、年末くらいなのでこの頃になります。
今年は、柴田家にて。旦那様は、浅草橋、いや日本でも有名な写真館 シバタスタジオの息子さんです。(写真右)
以前に着物姿を撮って頂きました。自宅は、蔵前駅の目の前。なんて便利!
柴田さんは、写真の腕もすばらしいですが、料理も上手。特に肉料理の微妙な火加減は職人技です。
キッチンを選ぶ際も、コンロはメーカーのものでは空き足らず、ハーマンの火力の強いものに交換。弱火の微調整もできて、とても使いやすかったです。他の仲間も自慢料理を持ち寄り、どれもおいしかったです。今や子供の数も増え、かなりの大人数。皿洗いが大変な事になっていました。そこで、一番左の林さんが、ほとんど洗ってくれました。
ここまで書くと、男性陣ばかりが家事をしているように感じるな。普段家事をしている奥様方は、年末くらいゆっくりしてもいいでしょう。来年は、もうちょっと広いところに引っ越して、我が家に呼びたいなぁ。
c0201749_11533872.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-12-31 11:58 | | Trackback | Comments(0)

仕事納め   

29日は、ヤジ邸の現場に行ってきました。
仕上げ工事に入ってくると、業者さんの数も増え、だんだんと現場がにぎやかになってきます。
ヤジ様も、お茶出しが大変だったかと思います。ロールケーキおいしく頂きました。いつもありがとうございます。

時々、びっくりするくらいの早さで完成する住宅を見かけます。それに比べ、ヤジ邸は進捗状況が、ゆっくりに見えるかもしれません。なぜならば、既製品をあまり使わず、大工さんがひとつひとつ作っているからです。建具の枠も、すべて寸法や納まりが違います。
図面に細かく書いておいても、現場に行ってみて初めて気がつくことがあり、ひとつひとつ監督と打ち合わせ。
最後に、正月休みの間泥棒に入られないように、戸締まりをしっかりとします。
c0201749_9283678.jpg

来年の竣工が楽しみです。
皆様良いお年をお迎えください。
[PR]

by A_R_C_O | 2010-12-31 09:31 | 建築 | Trackback | Comments(0)

クリスマスパーティー   

昨日はコエタロにて、クリスマスパーティー。
ただおいしいものを食べてきたわけではありません。
小野澤さんも駆けつけ、一年の総括と来年に向けての抱負を語らう、まじめな我ら。
コースケも、一瞬凛々しい姿を見せてくれました。
c0201749_11525822.jpg
midoriさんの料理は、いつも美味で華やか。忙しい中、たくさんのお料理をありがとう。
c0201749_1153998.jpg

メインを担当した私。完全にレシピに頼り、もっとこなれた料理にすればよかったと反省。
c0201749_11532281.jpg
c0201749_11544554.jpg
ほんとに一瞬でした。TVを見るコースケ。
[PR]

by A_R_C_O | 2010-12-24 12:05 | | Trackback | Comments(0)

山代温泉   

山代温泉で設計事務所を営む、稲手さんを訪問。
自宅兼というのに、生活感を感じさせない、かっこいい事務所でした。
稲手さんに、おいしい店やみどころを聞き、町を散策。
c0201749_15353542.jpg

まずは、内藤廣設計の九谷焼窯跡展示館。
登り窯の遺跡を覆う、トラスドーム。実は四隅の柱で支えていて、基礎と壁の隙間にはスリットが続きます。外側は地味な佇まいですが、すごい構造。中に入ってびっくりという感じです。
c0201749_1538843.jpg

石川県は雨が多く「弁当忘れても、傘忘れるな」と言われるそうです。
この日は、ぱらぱらと降ったかと思えば急に晴れたり。
すると、立派な虹が!完全な橋になっていました。
c0201749_1539429.jpg

次に、温泉「総湯」。地元の人が銭湯代わりに利用していて、ものすごい活気でした。1棟は内藤さん設計、もう一棟は、明治時代の湯場を復元したもの。浴室の壁は檜に漆塗り。所々色ガラスや、九谷焼の陶板が飾られていました。
c0201749_16261693.jpg

ふらりと入ったギャラリーにあった、落書きみたいな絵、欲しかったぁ。作者は、荒井良二さん。こちら
あと、泊まりませんでしたが、白金屋という老舗の旅館が有名。中を見せてもらい、お抹茶を頂きました。客でもないのに、このホスピタリティー!さすがです。
[PR]

by A_R_C_O | 2010-12-14 16:40 | | Trackback | Comments(0)

HAYABUSA帰還@プラネタリウム渋谷   

先日、予告編を見た感想を書きましたが、ついに本編を見に行ってきました。感激屋の千恵ちゃんと一緒に。
「きっと千恵ちゃん、最初から泣いちゃうんだろうな~」と人事のように思っていたのですが、私も、終始うるうるでした。(途中嗚咽しそうになり慌てた。)
ハヤブサは、自分で考えて行動できるロボットなんですね。なので、イトカワ着陸時、アクシデントに見舞われると、自分で方法を考える。しかし、バウンドして宇宙空間に跳ね返される。仲間なんてだれもいない宇宙空間で一人果敢に挑戦するひたむきな姿に感動するんですねぇ。
地球でハヤブサが戻れるように、あれこれ策を練ったり、音信不通になってしまった間、落胆しただろう技術者達を想像すると、これまたぐっときます。数々のアクシデントに見舞われながらも、役目をちゃんと果たしたきみは、最後に燃え尽きてしまったけれど、立派だったよ。くすんっ
[PR]

by A_R_C_O | 2010-12-03 23:07 | Trackback | Comments(0)