<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

ベランダの風景   

桜がちらほら咲き始めましたね。我が家は神田川沿いの2階。目の前で咲いてくれます。今日は肌寒いですが、桜を見ながら散歩する人が沢山います。
c0201749_1143035.jpg

桜の向こうに送電線。んっ!アクロバティックな事をする人影が!
保守の方々でした。ご苦労様ですっ。
c0201749_115259.jpg
c0201749_1153515.jpg

ハーブの苗を植えました。
もっと広いテラスが夢ですが。普通のベランダでも結構収穫できるんですよ。楽しみ〜。

c0201749_1193733.jpg
c0201749_1110536.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-03-28 11:13 | Trackback | Comments(0)

クレマチスの丘   

伊豆にあるクレマチスの丘に行ってきました。
ヴァンジ彫刻美術館や、ベルナール・ビュフェなど美術館が点在する丘です。
杉本博司のIZU photo museum が新しく出来たので、それが一番の目的。
今回 建物も杉本さんが手掛けています。
銀座コヤナギギャラリーで模型を見ていたので、かなり期待を膨らませて行ったのですが、あれっ!?全然違う。長方形の建物で、中は簡単に1周できる小さな建物でした。
仕掛けとしては、奥の大開口から、石を積んだ石室のような屋外オブジェが見られます。
杉本さんの世界が好きな方は、ぼーっと何時間も居られるのかな。
写真家だけあって、光りの取り入れ方に神経を使っていました。
建築的には、平面的、視覚的な印象ばかりで、3次元としては物足りなさを感じます。
後で気が付いたのですが、私が見た模型は小田原プロジェクトらしい。
海を望む傾斜地海に、トンネルが開けられ、そこからの景色がすごそう!
 っていうやつだった。そっちが見たい〜。
写真はタルボットという昔の人の技法を今によみがえらせ、今につなぐという作品。
静電気を使って印画紙に焼き付ける作品は、人の手業では真似のできない美しさと不思議さを感じます。
ヴァンジ美術館はおすすめですよ。子供も喜ぶ。建物、ランドスケープ、彫刻
全てがわくわくです。晴天の日に行きましょう。
ちなみに、チャオチャオのピザがめちゃおいしい。c0201749_15281562.jpg
転がる石も作品です。建物の向こうは1層分下がって、ここと同じくらいの庭。
下の彫刻は、高い庭から後ろ姿を、低い庭から正面が見られます。あっ、さっきの人だ!という感じでおもしろいc0201749_15283441.jpg
c0201749_15285838.jpgc0201749_15291083.jpg
[PR]

by A_R_C_O | 2010-03-17 15:43 | アート | Trackback | Comments(0)

観葉植物とマークロスコ   

ハッとしたきれいなシーン。
部屋の掃除をしていて、テーブルの上に緑を避難させた所。
水を、カラカラの限界になったら上げるようにしていたら
こんなに伸びちゃいました。自重に耐えきれず茎が横になってしまった。
でも、生き生きしてますね。すごい生命力。
松本さん、この植物なんですが、なんて名前でしょう。
c0201749_23582521.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-03-07 00:00 | アート | Trackback | Comments(0)

阿佐ヶ谷の辺り   

この間、久しぶりに愛車BD-1に乗り(自転車です)阿佐ヶ谷の辺りをぷらぷらしてみました。やっぱり、街を散策するのは楽しい。確率は低いのですが、たまに素敵な建物を見ると、興奮します。
網の目の様に走っている、細い道を行ったり来たり。。。すると、んっ?なんだこのしっとりとした佇まいのお家は?窓には磁器製の花瓶が置いてあり、ギャラリーっぽい。
基礎と駐車場を兼ねた部分はRC打ち放し。右の木の壁は、テラスになっていました。
故吉村順三さんの、軽井沢の別荘に似た雰囲気を醸し出しています。
玄関は階段を上がったところにあり、そのアプローチには植栽がいい感じに植わっていました。
いいなぁ、と眺めていたら、表札が目に入り、「玄総合設計事務所」とありました。
なるほど、設計事務所だったのね。
周りの建物は、新建材を使ったりしていますが、この建物を意識してか、少し木を使ってみたり、影響受けてますね。いい事です、町並みがよくなるんだから。
私が建築に興味を持ったのは、「なんで日本の町並みはプラスチックみたいで、つまらないんだろう?」といういらだちでした。少しづつでも良くなっていけばいいな。
c0201749_10392656.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-03-06 10:44 | 建築 | Trackback | Comments(0)