カテゴリ:建築( 72 )   

家具のこと   

随分前の話になりますが、TVの撮影前日にIKEAの本棚が壊れ、
応急処置をしてその場をしのぎました。
今度こそ家具屋さんに作ってもらおうと思っていたのですが予算の関係上またもIKEA。
一応重いカタログに耐えられるように幅の狭い棚にしました。
棚受けのダボは相変わらず頼りないのですが、入れ過ぎに注意すれば
今度は持つかなと思っています。
c0201749_16120253.jpg

下の3枚の写真は、家具と壁の一面クロス替え+棚新設を依頼されたもの。
もちろん家具屋さんに制作をお願いしました。仕上がり、耐久性が全然違います。
既存のキッチンや、購入予定のテーブルに合わせて面材をセレクト。
100種類以上の面材があるので、お客様には2〜3択に絞り提案しました。
コンクリートの壁には特殊な金物を埋め込み、棚受けを見せないようにしてあります。
ワインサーバーや、ゴミ箱などの大きさを聞き、そこはオープンに。
炊飯ジャーがすっぽり入る引き出しなど、ミリ単位で対応したので、
引っ越し後に120%の満足というメールを頂きました!こういう報告が一番うれしいです。
※写真は施工日に私が携帯で撮ったもので、トリミングが酷くてすみません。
c0201749_16120299.jpg
c0201749_16120295.jpg
c0201749_16120381.jpg


[PR]

by A_R_C_O | 2017-06-29 16:16 | 建築 | Trackback | Comments(0)

明日放送です。   

告知が早すぎたので、改めてお知らせさせて頂きます。

TV番組「渡辺篤史の建物探訪」で我が家が紹介されます。
明日 6月3日(土)早朝 5時から放送。
テレビ朝日5chです。
見逃しても放送後1週間はテレビポータル「Tver」で見られるそうです。
よかったら見てみてください。








[PR]

by A_R_C_O | 2017-06-02 10:44 | 建築 | Trackback | Comments(0)

渡辺篤史の建物探訪   

週末のこと、、、を今頃UPしていますが。
念願の「渡辺篤史の建物探訪」撮影が実現しました!
昔から好きだったこの番組。自分の家が紹介されるなんて夢みたいです。
渡辺さんにお会いできて、うれしくて、緊張して全然家のいいところが
アピールができませんでした(苦笑
でもたくさん建築のお話ができて、とてもよい思い出となりました。
放送は6月3日(土)あさ5時からです。
見逃しても放送後1週間はテレビポータル「Tver(ティーバ)」で見られます。

新芽がちょうど出て来たタイミングでよかったです。
アオハダが花を咲かせました。(撮影時はつぼみでした)
c0201749_13234967.jpg
c0201749_13235549.jpg
c0201749_13235828.jpg
↑この山野草の名前が分からず答えられなかった〜。誰か教えて下さい。


[PR]

by A_R_C_O | 2017-04-19 13:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)

いい空間でした   

設計協力者である黒澤氏の自宅兼事務所を見てきました。
リノベということで、外壁や窓は基本的にいじらず、
障子や建具でガラリと雰囲気を変えています。
「見る所ないですから」なんて謙遜していましたが、ちゃんと彼の世界が表現されていました。
障子の桟を数本減らして新しいデザインにしたというのが斬新でした。
コストが厳しい中、玄関扉や木建の枠にはピーラーを使いメリハリが利いています。
小物好きと自称するだけあって、可愛らしいものが沢山置いてありました。
お茶時のテーブルが絵になる。
小さなお家なのですが見るところが沢山。
吉村順三さんのお宝図面集などひっぱりだしてきて、長居してしまいました。
これからの彼の活躍に期待したいです!
c0201749_00315957.jpg
c0201749_00320535.jpg
c0201749_00320746.jpg
c0201749_00334367.jpg

c0201749_00321085.jpg
c0201749_00321268.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2017-03-26 00:37 | 建築 | Trackback | Comments(1)

大高正人展   

昨日、湯島にある国立近代資料館で行われていた「大高正人の方法」展を見に行ってきました。
メタボリズム時代の建築家ですが、もっと地に足のついた思考をされた方だったようです。
同時代を切り開いてきた方々のインタビューの中で槙文彦さんが
「よく大高さんの行きつけの新宿の店で飲んで議論しましたよ。」
なんて意外なことを言ってました。

たくさん共感する言葉がありましたが、一番刺さったのはこれです。
「時間や金が無いからといって、安物を造ってはいけない。
良いものを造るコツは十分に時間をかけること。仕事を頼む人を厳選すること。」
本当にそうだなと思います。難しいことですが、踏ん張ってやっていこうと思います。
久しぶりに展覧会に足を運びましたが、行ってよかったです。(友達の家に娘を預けての強行でしたが)

最終日ということで、クロージングイベントとしてクラッシックの演奏がありました。
ちょうど私は帰る時間だったのですが、OBで今や有名な建築家がたくさん集まられていました。
偉大な建築家はちゃんと後に繋げていくのですね。
c0201749_13445651.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2017-02-06 13:46 | 建築 | Trackback | Comments(0)

見学会@初台   

週末の朝、FBで偶然 石川素樹さんのオープンハウスを知り、
どなたでもどうぞとあったので、急遽行ってきました。

いや〜すばらしいものを見せて頂きました。
石川さんは、私も尊敬する手嶋保さんの事務所を出られた方で、
その世界に近い空気感でした。

娘を預けられず、同行させたのですが、なんと子供用手袋が用意されていて、
「歓迎ですよ」と言って頂きそんなところでも感動してしまいました。

一階は事務所で使われるそうで、細いスチールサッシとラワンベニアのデスク、
macbookがとてもよく調和していました。

賃貸なのに杉を多様していて、暖かい印象。
スキップになっていたり、中庭があったり、
娘も大喜びでした。部屋を移動する度にすごいリアクション。(写真参照)

ますますのご活躍を期待します!
c0201749_15312123.jpg
c0201749_15312130.jpg
c0201749_15312215.jpg
c0201749_15312204.jpg
c0201749_15312051.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2016-11-17 15:34 | 建築 | Trackback | Comments(0)

脇田邸   

週末は、軽井沢にある脇田邸へ見学に行ってきました。
吉村順三氏設計の画家のアトリエ兼住宅です。
合理的なプランで且つあじわいのある空間でした。
気候を考慮して(湿度が高い)ピロティで上げられていますが、
窓際に座って庭を楽しめるように窓の高さが考えられています。
うまく自然を取り込みつつ温熱設計もよく考えられていて、
とにかくすばらしい設計でした。
帰りは一緒に行ったコエタロデザインオフィスの阿川さんがおすすめする
エンボカというイタリアンに寄ってきました。
釜で焼くのでピザはもちろんのこと、野菜がおいしかったです。
車だったので、飲めないのが残念でした。
c0201749_13182343.jpg
丸谷さん(家具作家)と伊礼さん(建築家)のトークショーがありまして、100人近くが集まりました。見学を待つ間、中庭でチーズやスープ、ワインのおもてなし。
c0201749_13182682.jpg
c0201749_13183028.jpg
   注)ノンアルコールビールです。


[PR]

by A_R_C_O | 2016-10-24 13:26 | 建築 | Trackback | Comments(0)

設計仲間   

週末は設計仲間が訪れてくれ、ちょっとしたパーティーに。
ワインを頂き少し飲み過ぎてしまいました。
そして昨日は渋谷で事務所を借りていたときの仲間が来てくれました。
平日の昼間ということで、ワインはなしで、果物をたくさん頂きました。
2階のリビングは明るくて開放的と好評でした。
近況報告などもして、時間はあっという間に過ぎていきました。
同じ設計仲間との話は色々と刺激になります。
近いのだし、渋谷の事務所にも顔をだそうと思ったのでした。
c0201749_102124100.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2016-08-24 10:23 | 建築 | Trackback | Comments(0)

お手伝い   

今朝娘が起きて来る前に仕事をしてしまおうと思っていたのに、
私がいないことを察知して6時に起きてしまいました。
早速「私も手伝う〜」となり、横に座り何やらカキカキ。
図面を書いてくれました(笑
c0201749_15535050.jpg

c0201749_15542527.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2016-01-26 15:55 | 建築 | Trackback | Comments(0)

地盤調査方法   

iプロジェクト順調に進んでおります。
配筋検査→手直し→コンクリート打設を階ごとに繰り返し、先日中間検査を無事パス。
RC造の為、木造のように一気に上棟というわけにはいきません。
しばらく現場は地味な写真が続きます。。。
c0201749_212553.jpg
c0201749_21852.jpg

さて話し変わって、今日は地盤調査の話題。
実は自邸を計画中でして、先日土地の引き渡しをしてきました。
まずは地盤を確かめねばと色々ネットを駆使して調べたのですが、
地盤改良の必要性がなきにしもあらず、という土地であることが分かりました。
そこで悩んだのが調査方法。

木造では「スウェーデン式」という調査方法が一般的なのですが、
これは安全側に結果を出す傾向があり、地盤改良をしなくてもよい土地でも
改良という判断が出がちです。柱状改良などをすると費用もかかりますし、
土地を売る際には資産価値が落ちる心配もあります。

調査方法として他に、地面を人工的に揺らし、その波を計測する表面波探査
というものもあります。
木造程度の重さでさらにべた基礎という面で支えるのであれば、スウェーデン式
で改良と出ても表面波では不必要と出る可能性が高いらしいです。
しかし想像以上に地盤が悪く、柱状改良が必要と結果が出た場合、杭の設計が
できないので、改めてスウェーデン式で調査する必要が出てくるというデメリット
があります。調査費も2倍程度。

すごーく悩みました。
しかし運良く近隣のデータが入手でき、これは表面波探査でOK判定が出そうと分かったのでこちらで調査することにしました。結果予想通り改良の必要はなし!
よかったですー。地盤のことって見えないので難しいですよね。
近所の人の昔の話しだとか、近くを工事した工務店の人の話など思わぬところにヒントがあったりします。土地探しや地盤を理解するにはそういう人からの情報が大事だな〜と感じたのでありました。
これからは、設計の立場、施主の立場両方から自邸ができるまでを伝えていけたらなと思っています。
[PR]

by A_R_C_O | 2015-10-24 02:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)