カテゴリ:アート( 11 )   

ジブリ美術館   

先日初めてジブリ美術館に行ってきました。
中に入ってすぐの大階段や、3層分の吹き抜けに圧倒。
空中にブリッジが掛かり、まるでエッシャーの絵の中に入り込んだよう。
細長い螺旋階段や温室のような階段室など様々な階段があり楽しかったです。
トイレも印象的でした。汽車の個室のような豪華さ。
無垢のオークをふんだんに使った内装はジブリ映画の世界そのままです。

クッション性の猫バスで娘を遊ばせようと思ったのに、ちょっと圧倒されてしまい、
撫でたりして、あまり中には入りませんでした。
小学校に上がる前までしか遊べないので、今だけなのに。
短編映画は喜んでいました。自分から映画見るって並んでいたし。
どこで映画ってことば覚えたんだ?
中は撮影禁止なので、屋上の写真のみUP。
カフェ麦わら帽子で食事をして帰りました。
↑スイーツで利用した方がよいかも。
c0201749_11401466.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2014-04-24 11:44 | アート | Trackback | Comments(0)

クリスチャン・ボヌフォア展   

c0201749_1524638.jpg
最近見に行った展覧会クリスチャン・ボヌフォア展期日があと1週間ということで慌ててUPします。久々に私好みの絵で随分長い時間滞在してしまいました。マティスの彫刻を見て画家に転身した人なのですが、マティスも大好きな画家なので直感的にこの展覧会行きたい!と思わせる何かがあったんだと思います。銀座エルメスで行われたのですが、ガラスブロックで囲われた大きな空間を山型の壁が斜めに会場を区分していきます。会場構成は中山英之さん。このひとの画集が欲しいと思ったのですが、ネットで探せませんでした。日本ではかなりマイナーな画家なんですね。
[PR]

by A_R_C_O | 2014-02-21 15:23 | アート | Trackback | Comments(0)

コトコト展   

やっと、風邪が治りましたー。それにしても、つらい1週間だった。
ずっと籠もりっきりでしたが、久々に外出。美術学校時代の友人が、革製の作品を作っているのですが、7人展を開いたというので見に行ってきました。
場所は西荻窪にあるギャラリーMADO古い住宅を改装したところで、すごく雰囲気がありました。素朴な作品とマッチして、7人のセンスを感じさせる個展でした。
友達の作品はとってもカラフル。判子入れにぐっときて、衝動買いしちゃいました。
西荻窪、古い家を生かしたお見せが多いんですね。
今度探索してみよう。
c0201749_11193176.jpg
c0201749_11191877.jpg
c0201749_1119394.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2011-02-14 11:21 | アート | Trackback | Comments(0)

ギャラリー巡り   

昨日は、風邪で一日中寝てました。金曜の夜から頭が痛いなーと思っていたんですが、ただの偏頭痛だと思い、土曜日ギャラリー回りをしたのがいけなかった。美容院の予約キャンセルしてしまい、福岡さんには悪いことしちゃった。ごめんなさいっ。でも久々に谷中まで行き楽しかったです。まず谷中墓地を散歩。猫がたくさんいて本格的カメラを持った人がうろうろしています(笑)私もパシャリ
c0201749_11363059.jpg
c0201749_11364015.jpg

谷中に来た目的は、銭湯をギャラリーにリノベした「SCAI THE BATHHOUSE」です。ずいぶん昔、村上隆展をやっていて、作家もギャラリーも初めてだった為、大変ショックを受けたました。今は間仕切ってしまい、銭湯の大空間が味わえなくなっていました。残念。名和晃平さんの作品は、好き嫌いがあると思います。ちと気持ち悪かった。続いて、すぐ近くにある「カヤバ珈琲」永山裕子さんが内装を手掛けています。木サッシはそのままで、高さも抑えられて落ち着く空間でした。2階は畳敷きです。ここのハムサンドおいしかった。
c0201749_11501377.jpg
c0201749_11495550.jpg

最後に小柳ギャラリー@銀座。「オラファー・エリアソン」の不思議な映像作品。うーん、きっと代表的な作品なんでしょうが、感動を覚えませんでした。最後に夕焼け。美しい。。。
c0201749_11551065.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-10-25 11:59 | アート | Trackback | Comments(0)

クレマチスの丘   

伊豆にあるクレマチスの丘に行ってきました。
ヴァンジ彫刻美術館や、ベルナール・ビュフェなど美術館が点在する丘です。
杉本博司のIZU photo museum が新しく出来たので、それが一番の目的。
今回 建物も杉本さんが手掛けています。
銀座コヤナギギャラリーで模型を見ていたので、かなり期待を膨らませて行ったのですが、あれっ!?全然違う。長方形の建物で、中は簡単に1周できる小さな建物でした。
仕掛けとしては、奥の大開口から、石を積んだ石室のような屋外オブジェが見られます。
杉本さんの世界が好きな方は、ぼーっと何時間も居られるのかな。
写真家だけあって、光りの取り入れ方に神経を使っていました。
建築的には、平面的、視覚的な印象ばかりで、3次元としては物足りなさを感じます。
後で気が付いたのですが、私が見た模型は小田原プロジェクトらしい。
海を望む傾斜地海に、トンネルが開けられ、そこからの景色がすごそう!
 っていうやつだった。そっちが見たい〜。
写真はタルボットという昔の人の技法を今によみがえらせ、今につなぐという作品。
静電気を使って印画紙に焼き付ける作品は、人の手業では真似のできない美しさと不思議さを感じます。
ヴァンジ美術館はおすすめですよ。子供も喜ぶ。建物、ランドスケープ、彫刻
全てがわくわくです。晴天の日に行きましょう。
ちなみに、チャオチャオのピザがめちゃおいしい。c0201749_15281562.jpg
転がる石も作品です。建物の向こうは1層分下がって、ここと同じくらいの庭。
下の彫刻は、高い庭から後ろ姿を、低い庭から正面が見られます。あっ、さっきの人だ!という感じでおもしろいc0201749_15283441.jpg
c0201749_15285838.jpgc0201749_15291083.jpg
[PR]

by A_R_C_O | 2010-03-17 15:43 | アート | Trackback | Comments(0)

観葉植物とマークロスコ   

ハッとしたきれいなシーン。
部屋の掃除をしていて、テーブルの上に緑を避難させた所。
水を、カラカラの限界になったら上げるようにしていたら
こんなに伸びちゃいました。自重に耐えきれず茎が横になってしまった。
でも、生き生きしてますね。すごい生命力。
松本さん、この植物なんですが、なんて名前でしょう。
c0201749_23582521.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-03-07 00:00 | アート | Trackback | Comments(0)

ノーマンズ ランド   

旧仏大使館が解体される前にまるごとアート空間にしてしまえ!という企画です。
ベルギー大使館も同じ事をやっていましたが、こちらの方が人気があったような。(ラジオの宣伝効果もあり?)
たくさんの小部屋が存在し、その部屋ごとに作品があるのですが、映像作品が多かったです。エロティックな映像には苦笑いでした。
薄暗い地下の書架を利用した作品は、まじ怖かった。

会期が延期され、今週末までやっています。コエタロさんが下北で聴いたマイア・バルーが土曜日に中庭で歌うそうです。無料ですよ。
今日は運動を兼ねて、自転車で行ったのですが、来週は電車で行こうと思います。
(ヘトヘトだす)
c0201749_0415061.jpg

      実は2階で、向こうに見えるのは屋上庭園
      芝の一部をめくり上げた作品があります。
c0201749_042245.jpg

      シュレッターにかけられた紙くずが部屋を埋め尽くす。
c0201749_0421231.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-02-08 00:53 | アート | Trackback | Comments(4)

鎌倉   

連休中に大好きな鎌倉に行ってきました。建築史でも有名な円覚寺、実はまだ訪れていなくて、初めて行ってみました。最初に目に飛び込む山門が趣を漂わせます。ここから先は別世界が広がる。と、ところが、次に表れた本堂があれ??なんか違う感じ。RCにペンキなんです。有名な舎利殿が基準法の関係でこんな姿になってしまったのか、とがっかりしていたら、この先(上)に修復中の舎利殿がありました。びっくりしたがな。 
北条時宗が祀られている小さなお堂では、抹茶が頂けます。鳩の落雁がかわいい。実際敷地内には、山鳩がたくさんいました。
国宝の梵鐘は100段くらいの急階段を上がるとあります。起伏のある広い敷地内にたくさんの建物があり、楽しめますよ。
 続いて、神奈川県立美術館へ。内藤礼の企画展をやっております。写真集でしか作品を見た事がなく、期待で胸を膨らませて行ったのですが、がっかりでした。展示ケースの中に人が入って、床に敷かれた布や瓶を鑑賞するのですが、なんだか、古い美術館のショーケースと作品が合っていませんでした。1階の中庭と池にある作品はよかったです。きっと直島のぎんざや、富山の発電所美術館といった、美術館ではない古い建物内に、見落としそうな感じで作品が展示されている方が合うのではないかな?
池の写真にビーズの作品が写っています。見えるかなぁ。
c0201749_1105867.jpg
c0201749_1112885.jpg
c0201749_1113770.jpg
c0201749_1114795.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2010-01-12 11:05 | アート | Trackback | Comments(0)

DESIGNTIDE TKYO 2009   

東京デザイナーズウィークの宣伝をよくラジオで耳にしますね。
全部回ろうなんてとても無理な規模で、今年はミッドタウンでやっているデザインタイド
の方に行ってみました。まずメイン会場より先に、AXIS GALLERYでやっている
三保谷ガラス店の試作展を訪れました。
数々のデザイナーの作品を作り出してきた会社で、倉俣史朗氏のガラスの椅子が有名。
どの作品も緊張感があり、美しかったです。杉本博司さんの都会の空気を閉じ込めたとい
作品がとてもきれいでした。角のジョイントとかどうなってるんだろーとまじまじ観察。

メイン会場はCASAブルータスでよく目にする谷尻さんが構成を手がけています。
雲がテーマらしく、綿でブースが仕切られていました。予算が厳しいのでしょうか、
それともガラス展の後に訪れたからでしょうか、雑な感じがして、期待をしていただけに
ちょっと残念。ものすごい人が押し寄せていました。なんだか学園祭の熱気に近いです。
たくさんの展示品の中におもしろい物が。。。デザインもかっこいいですが、アイデアが
なるほどーとうならせます。
地上階にオーノJAPANの設計した巨大椅子がさりげなく展示してあります。
うっかりしていると見逃しますよ。

c0201749_11512070.jpg

韓国の方の作品 日本の住宅は狭いので椅子にも台にもなる。机の下にもすっぽり収まります。と流暢な日本語で説明されていました。
c0201749_11514254.jpg

ウォーターベットにこんなプリントが。。。ウケました。
c0201749_11515426.jpg

おまけ、AXISビルの1階にあるカフェ ボーリュームたっぷりのランチが1000円なんです。(サラダとパン付き)+250円でコーヒーも飲めます。
ちょっとオイリーで濃い目なんですが、ワインなんか頼みたくなるすてきな雰囲気。
数週間前からじんましんに掛かっている私は自粛しますた。
c0201749_115295.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2009-11-02 12:17 | アート | Trackback | Comments(0)

アイ ウェイ ウェイ展   

六本木ヒルズの森美術館で開催中の展覧会です。
アイウェイウェイって、アーティストというより、哲学者というイメージがあって、難しいのかな?と思ったらとんでもなくおもしろい人だった。展示作品もわかりやすいものばかり。どれも完成度があって緊張感ただようのに、写真を撮っていいんです!美術館ではめずらしい。鑑賞者にやさしいってうれしい。ドイツで5年に一度開催されるドクメンタ展に、1001人の中国人を送り込むという企画(かれはそれが作品と言ってます)が2007年にあり、その準備から開催期間までを、2時間半にまとめた映像作品があり、結局全部観てしまいました。田舎のおじいちゃんがわけもわからず必死にパスポート取得に奔走する姿など、意図していないところがおかしくて041.gif
作品の写真を何枚か UPします。興味ある方はぜひ。展望台チケット共通で1500円というのが、不必要に高いですが。。。
c0201749_9142728.jpg
c0201749_9144618.jpg
c0201749_915261.jpg
c0201749_9151628.jpg

[PR]

by A_R_C_O | 2009-10-14 09:15 | アート | Trackback | Comments(2)